お墓に入りたくない時は

花

海に遺骨を撒いてもらう

死んだ後くらい、誰にも気兼ねせずにのんびりと眠りたいと希望する人がたくさんいます。なので、神奈川では海洋散骨という方法を選ぶ人が増えてきています。海洋散骨は、他人に迷惑をかけない場所まで船で行き、パウダー状にした遺骨を海に撒くという供養方法です。なぜ遺骨をパウダー状にするのかというと、そうした方が早く自然に戻れるからという理由がまずあります。それに加えて、事件性のある遺骨と勘違いされないようにするためという理由もあります。遺骨をすり鉢に入れて手作業ですり潰すという方法もありますが、神奈川で営業している海洋散骨業者は専用の遺骨加工機を持っています。パッと見には白粉にしか見えないような状態にまで遺骨を加工してもらうことができるため、神奈川で海洋散骨を希望している人の間では大評判になっています。海はみんなの物ですが、だからといって好き勝手な場所で散骨するわけにはいきません。海水浴場や養殖場、釣り船のすぐ近くで遺骨を撒くことは御法度です。その理由については、ここで改めて説明するまでもないはずです。先程述べた神奈川の海洋散骨業者は、誰にも迷惑をかけずに散骨できる場所までチャーター船で連れていってくれます。どうしても遺族自身で散骨できない事情がある時は、業者が代わりに散骨してきてくれます。様々な事情を抱える客に柔軟に対応してくれるシステムになっているため、神奈川ではこの海洋散骨業者の人気が高まる一方となっています。