人生設計に役立つ

夫婦

揉めないため

現在、4人に1人が65歳以上となる超高齢社会で、人生の後半期を迎える高齢者にとって、終活というキーワードが話題を集めています。輝くセカンドライフのため、大切な人の幸せを守るためなど、充実した人生の後半を過ごす準備に終活は導入されています。エンディングノートづくりに終活アドバイザーや弁護士などが携わり、もしもの準備を万全にできるのも魅力です。例えば、故人の意志が分からず、葬儀のプランや規模などで遺族が揉めるケースも少なからずあります。宗教によって葬儀やお墓の問題もあり、故人にとって本当に望むこと、残したいものなど、トラブルに繋げないために専門家による活動が導入されています。エンディングノートを作成するにあたり、終末期医療・葬儀・お墓・遺言書などについて整理したり、後々の見通しを立てることができます。ご家族の人生設計にも役立つため、終活アドバイザーなどに相談することが得策です。相談のみであれば、無料にてアドバイスしてくれるケースも増えています。作成する場合の費用も、法律系では作成費もピンきりです。ボランティア団体や医療や介護業界では、サポート役として書き方を指導するため、一概にはいえないものの、1万円台から作成してくれる事業所も増えています。導入することで、相続対策から葬儀や供養などに反映でき、生きている間に葬儀プランを決めてしまうことも、周りに負担をかけないビジョンとして展開できます。